Yokota AB / WL-04 (1994)
EP-56/164119
VMA-311
1992年の4月にAV-8Bを受領し ナイト・アタックハリアーSQとなっている。ユーチューブの画像http://www.youtube.com/watch?v=Zbpp2ZQha0w には彼らのイラクフリーダム作戦での映像が収録されている。
WL-21 (1994)
《想い出》
 1999年の5月の事である。私は何と20年ぶりに沖縄嘉手納を訪れた。この20年間の空白で1度だけ仕事において那覇出張はあったが、嘉手納には顔を出す事が出来なかったので感激も一入であった。何故5月か?それは那覇の”でいご祭”にも顔を出し第5航空群のP-3を撮りたかった為でもある。何せやっぱり費用のかかる”沖縄行” 効率を考えてしまう・・・

 嘉手納に顔を出し、20年ぶりに基地の見える”安保の丘”に上がると、懐かしのW氏!!20年間会ってなかったが直ぐに彼だと判った。「お互い 年取ったね~」。 しかし嘉手納基地は静かであった。数週間前にVMA-311のハリアーが事故を起こして飛行停止になったいた為、ハリアーのお姿は確認できたもののフライトは期待できなかったのだ。W氏と昔話に花が咲いたが、暫くしてW氏の目がタワーの方を突然凝視!「ハリアーが動き出した!!」 何と飛行停止の解除である。なんと言う”幸運”それから私の居た3日間は毎日盛んに飛んでくれた。
 
 撮影2日目の午前中ランディングを狙って嘉手納のR/W23Rのポイントにi居た時だ。AV-8Bハリアー2機が着陸態勢に入ろうとしていた。私は300mmレンズを構え、県道工事の過程で作られて既に使われなくなったバイパス橋の頂上付近に立って着陸を狙った。ところが橋の下の方から「きゃー!!きゃー!!」とアイドルを発見した追っかけギャルのような声が・・「何だ??いったい」目をやると若い娘が2人金切り声を上げながらバイパス橋に走り上がって来る。この私を有名人とでも見間違ったか?と一瞬勘違いなんかしてしまったが、彼女たちも沖縄観光途中で、降りてくるハリアーを見つけ”撮れるんデス”カメラで必死に撮ろうとしていたのである。「そのカメラで撮るの?」とは 流石に気の毒で言えなかった。この時ばかりは私も”親切なオジサン”になりきって、「もう少し前に出て、そうそう、その辺にいればあの飛行機は2機ともこの上を通過するからしっかり撮れるよ~」なんてね。ハリアーは彼女たちの目の前をゆっくり通過して嘉手納基地に降りた。そして2人の娘はすっかり満足した様子で「有難うございました~」と明るく礼を言って去っていった。きっと沖縄のいい思い出になったことだろう・・(ちなみに、この時の私の写真・・・何故かピントも露出もダメでした・・・ブラックテールのショーバードだったのに・・泣・・) ↓
www.customflighthelmets.com
↑ 1999年USSタラワに搭載されて航海に出た際のマーキングで ブラックテールのうえ機首にシャークティースを入れていた時期もあった。非常に大きな鮫口で注目を浴びた機体である。この機体19995月嘉手納にも飛来したが、鮫口は消されていた。Bu.No.164117
EP-52/163876
EP-55/164117  Black-tail
↑ 湾岸戦争に参加した際のVMA-311のマーキング。1990年までダークグレーだった部分をライトグレーに塗り直し、急遽砂漠に対応したマーキングにしたものの ハリアーは、この戦いでの被撃墜率は高く、湾岸戦争が始まった19911月と2月の初戦で4機が撃墜され2名が戦死している。 Bu.No.163690
EP-51/163874
機首のインシグニアは、F4-Uコルセアに乗った女神 ”HELL BELLES”
EP-52/163876 Rightside
NEXT
click here
HOME
Masawa AB /EP-55 (1994)
EP-57/164134
このフライト・ヘルメットの写真は、当HPを見てくれたアメリカのポール・テイラー氏(Mr.Paul Tailor)から 送って頂いたVMA-311のパイロットが使用していたもの、HGU-66と言うA-6ないしはAV-8Bの夜間ミッションに使われる特殊なヘルメットである。Gentex社が海兵隊と海軍航空隊向けに作ったものだが、生産個数が何と750個だけと言う貴重なものらしい。Many many thanks Mr.Paul Tailor !!
www.customflighthelmets.com
www.customflighthelmets.com
(1994)
(1997)
(1997)
The helmet type is a rare HGU-66 , only 750 were made by Gentex for the Navy and Marines , flying AV-8B and A-6 night attack missions.
下写真は、1999年5月 嘉手納R/W23で着陸するVMA-311のAV-8B、しばらく前に発生したハリアーの事故の影響で飛行中止になっていたが、丁度飛行再開のタイミングと重なり運よく撮影ができたもの。
(2004)
AV-8B
VMA-311は、1991年1月にAV-8Bに機種転換した。1958年からA-4スカイホークの各型を使い続けて何と32年!!同じ機種を30年以上使い続けた希少な部隊である。ハリアー受領後すぐに湾岸戦争の開始と共に参戦、1017回ものコンバット・ソティを熟し、840トンもの爆弾をイラク軍に叩き込んでいる。下写真は渡辺さんがエルセントロにて撮影されたものです。