VR-56
厚木でよく見かけた”J レター”シリーズのC-9B、それでも1980年代の初頭は”JU”のC-9Bが撮影できればラッキーで嬉しかったものである。VR-56は、1975年7月にノーフォーク海軍航空基地(NAS Norfolk)で予備役部隊として創設された。其の時点で4機のC-9Bを擁しており、世界中でどんな事件が起こっても直に対応できる体制を整えていた。この飛行隊もグレナダ戦争、デザートストーム、ソマリア支援、アフガニスタン、イラク戦争と多くの戦場の支援を行ってきた。C-9Bは、乗員90名あるいは物資27000ポンドを積載できる。VR-56は、創設以来 4000万マイルを超える距離と 110000時間の飛行を無事故で達成している。

確認できた 機首の都市名は、以下の通りである。

VR-56  “ city of Norfolk“            JU-117       159117

VR-56  “ city of Pensacola “         JU-118       159118

VR-56  “ city of Yorktown“          JU-119       159119

Wings
HOME
VR-56はこの後 2011年11月15日よりC-40Aに機種変更の為の転換訓練を開始し 2012年3月に最初のC-40Aを受領した。VR-57から譲り受けた”166696”と他に”166694””166695”の3機体制になったようだ。