VA-147
尾翼のマーキングと赤いスコードロンカラーが実に印象的な飛行隊で この部隊のファンは多かった。特に尾翼を飾る”青龍刀”はA-7の尾翼にこそマッチングしたマーキングであると私は思っている。・・と言うことはFA-18には似合わないとでも言いたいの?残念ながらそうである。蛇足であるが、日本刀と違って青龍刀は刃の部分が太く 剣先が重くなっている・・・つまり日本刀が研ぎ澄まされた刃の威力によって 物を切るのに対し青龍刀は その切っ先の重さを利用し力でぶった切る刀である訳だ。A-7がその搭載力にものを言わせて攻撃する機体であるから ピッタシといえばピッタシではある。
 このVA-147もよく厚木横田に訪れた飛行隊の一つで 1977年のUSSコンステレーションの寄航時 厚木にA-7Eが数機飛来し その後もバイセンマーキングの”NE-401”を初め4機が大挙厚木に飛来するなどで NAVYフリークを喜ばせた。
 VA-147は、1968年に編成された部隊で FA-18Cに機種改変した現在まで ずっと太平洋艦隊の空母航空団に所属している飛行隊である。もちろん ベトナム戦にはA-7Aを率先する形で参加しており VA-147も1968年のローリングサンダー作戦後期から出撃を繰り返し 損害の大きかったラインバッカー作戦では1機を対空砲火で撃墜されている。A-7Eを実戦で初めて使用した部隊としても記録されているようだ。
1980年代前半のロービジビリティ塗装になる前のVA-147のマーキングは若干の変更が施され 青龍刀のデザインが一新された。それまで11年間USSコンステレーッションから1984年キティホークに移動してテールレターも”NE”となった。
上写真は、厚木基地で所謂”お墓”と言われた場所から撮ったVA-147(NG-411)。
機首には、”CITY of KINGSBARG"と書かれていた。お墓で撮る際は、F-4ファントムなら 250oから300o、A-7では300oから400oのレンズがあれば充分ファインダーに収まった。 午前中は逆光であり 午後から夕方にかけては順光 1本だけ3-4人の人が上れる大きな木があった。
photo by okinawanobito
NG-403
NG-407
FA-18C
VA-147のCO機、1976年の建国200周年を記念したバイセンテニアル塗装で機種の機番”401”は、星条旗をあしらったデザインとなっている。VA-147 401の機首右側には”CITY of LEMOORE”と書かれていた。厚木基地にも飛来して ファンを喜ばせた。
Wings
上下の写真は、1977年に横田に飛来した4機のVA-147所属A-7Eのうち後に離陸した”402””403”。

  NG-402 ”CITY of HANFORD"
.... NG-403 "CITY of OLONGAPO"
NG-403
NG-406
NG-413
HOME

1970年4月から1970年12月までの間 短い期間だったがUSSアメリカに搭載された。この時のマーキングを再現したイラスト。翼下には、ベトナム戦でもよく使われたMk-82スネークアイ爆弾をつけてみた。全長229p 重量254sの小型爆弾で 制御用のフィンがついており リリースされ後フィンが開き パラシュートを広げたような空気抵抗効果で機体からの距離をとるよう設計されている。低空での精密爆撃に用いられた。翼下

このA-7AコルセアUで北ベトナムを攻撃するために作られたような飛行隊である。1967年12月には、A-7での最初の爆撃行を行った飛行隊としても有名。最初に載った空母は、USSレンジャーで 艦名は、尾翼に書き込んであった。この他けさん攻防戦でのサポート 1968年の北朝鮮のプエブロ号事件の際の警戒任務など デビュー以来忙しかったのである。