太平洋戦争終了直後の1945年10月に創設された飛行隊で、A-7Eを使っていた飛行隊の中では比較的歴史が長いようだ。我々日本の航空ファンの接点は、1991年USSインディペンデンスの横須賀母港化以前の1986年7月。空母ミッドウェイの艦載機として、去って行ったVA-56やVA-93の代替飛行隊として配備された。VFA-192は、FA-18A/Cの飛行隊の一つとして23年間厚木にいたため、もっとも馴染みがある飛行隊の一つであったが、VA-192時代のA-7Eは、飛来も少なく残念であった。1985年にNMのテールレターをつけて岩国に駐在したので グレーのA-7Eの写真を撮っている人も多いが 私は友人から提供頂いたこの部隊のA-7Eの写真が、どこかに仕舞い込んで出てこない。そこで作成したイラストから紹介することとした。
 太平洋戦争終了後の平和な時代に生まれた飛行隊ながら、その後の朝鮮戦争やベトナム戦争では、参加回数も多く歴戦の部隊としても有名だが、多くの被害も受けている。A-7Eだけで4機が撃墜され、2名はいまだ行方不明のままである。
 

VA-192のA-7Eのマーキングとしては非常に有名なもの。この時期、胴体の金龍もリアルに描かれており 尾翼の黄色は戦場でも目立ったであろうが、士気高揚の為長らくこのマーキングが使われた。この機体A-7E Bu,No157530は、戦闘時に受けたダメージがひどく修理不能で トンキン湾に空母から投棄されたとある。
1970年A-7Eを受領して間もないころのマーキング。このマーキングの写真は多くない、 このダブルナッツ機のように鮮明な写真が残っているケースもありイラストで再現した。イラストA-7Eの第8ステーションにAGM-12Bブルパックをつけてみた。このミサイル 全長が318㎝で小型であるが、当時空対地ミサイルで唯一誘導ができた誘導弾。北ベトナムの鉄橋を精密爆撃しようと使ったが、跳ね返され何の被害も与えられず橋はびくともしなかった。ミサイルが小さ過ぎたのだが 「くその役にも立たないミサイル!!」として評判を下げてしまった。しかし 戦車やソフトスキンには十分有効で ウォールアイが出てくる前はよく使われたようだ。
上のイラストは、1976年当時の塗装であるが、コックピット後方のドラゴンが、丸いエンブレム形式に書き直されている。各種爆弾などをぶら下げるラックの先端、サイドワインダー用のレールの先端も黄色く塗られ、脚の一部も黄色く塗装されるマーキングの特徴から イエローソックスなどと呼ばれる所以となった。ロービジマーキングへ変更後は、ドラゴンは尾翼に書かれるようになりFA-18Aへの更新以降も、これが踏襲される。
NEXT
click here
HOME