Wings
1967年に太平洋方面でA-7Aコルセア攻撃機を受領した2つ目の飛行隊であり、A-7Aを早く実戦化して ベトナム戦争に投入したかった海軍は、この時期多くのA-7攻撃機の中隊を創設した。VA-97の尾翼を飾る青いシェブロンはA-7に良く似合うデザインでシンプルながら人気あった。但し後継機となったFA-18には馴染まなかったのか、後にマーキングを全面的に変更した。
私はこの部隊のA-7Eとは縁がなく、ほとんどまともに撮れたためしが無い。いつもタイミングを逃して、ろくな写真がないので友人から提供いただいた写真でページを纏めることとした。
1975年時のVA-97 A-7Eのフォルム。この頃は、ベトナムから米軍は撤退していたが 北ベトナムの進行でサイゴン陥落が迫る中 フリークエンド作戦で航空支援に赴いている。
VA97がA-7Aを受領して間もない頃のマーキング。尾翼のシェブロンは、胴体にかかっておらず 部隊インシグニアが書き込まれていた。この機体 1968年に厚木に飛来している。おそらくUSSコンステレーションでの1回目のWESTPACでベトナムに派遣された前後であると考えられる。イラストは、MK-82爆弾24発を付けた爆装スタイルであるが 13000ポンドを超えるこの重量でもマッハ1.0を出すことができた。
恐らくVA-97ハイビジマーキングの最後を飾る姿。一つ上のイラストとの違いはすぐにお分かりになろう。引退が近いUSSミッドウェイ級3番艦USSコーラルシーで1981年から1982年春までの間WESTPACがあり,多くの機体が嘉手納に飛来した。この機体は、嘉手納に飛来した156872の前のCAG機で1980年1月頃のものとされる。
1978年頃のVA-97のCAG機 NK-300.シェブロンのラダーにかかる部分を 航空団各飛行隊カラーに塗り分けている。下の写真でもわかるとおり この頃嘉手納に飛来した記録が残っている。丁度4月から10月までの間 USSエンタープライズに搭載されCVW-14の傘下で WESTPAC(the deployment of Western Pacific) 西太平洋展開配備が行われた。
1976年の冬のある日,既に太陽が傾きかけ帰宅の途に就こうとした時である。彼らは夕日を浴びながらR/W01に降り立った。お墓で撮影していた私は、ランウェエンドまで来てくれることを望んだが、VA-97 NK-302、NK-312の2機は、途中でまがって証拠写真しか取れなかったが。初めて見るVA-97のA-7Eにいたく感激した私と友人は、翌日も厚木基地に裏手のゴルフ場近くまで歩いて駐機している彼らの姿を追った。
厚木での悔しい思いを、横田の友人に伝えたところ 同じく1976年に横田に飛来した2機のVA-97の写真を焼いてくれた。光線状態が良く無い中 なかなか素晴らしい出来の写真で まだ未熟だった自分との技術差を感じたものである。 
渡辺 明さんが、1975年NAS リームアで撮影されたVA-97のA-7E。この頃のリムーアは、”A-7EコルセアⅡの巣”であり 太平洋方面のCVWに所属するA-7Eは、ほとんどここを拠点として美しいマーキングの機体でエプロンは埋め尽くされていた。
HOME
NEXT
click here