VAW-125

日本に初めて配備されたE-2ホークアイの最新型E-2D、2017年2月2日5機のデルタ編隊で岩国に降りたE-2Dを見た厚木のマニア達は、「岩国移転前なんだから、最初は厚木に来てよ」と残念がったはずだ。交代で本国へ帰る予定のVAW-115も2017年4月末の時点でまだ厚木基地に残っており アメリカ海軍はVAW-125を岩国に先行して配備して訓練を開始させ 後から行くCVW-5の面々と合流させる予定だ。VAW-125は、E-2部隊の中では、いち早くD型を受領した飛行隊の一つで、2015年3月にはUSSセオドア・ルーズベルトに乗って出航、空母でのE-2D運用を開始している。
 オバマ政権末期に緊張が高まったアジア太平洋地区の強化のため CVW-5に優先配備されたようだ。

HOME
NEXT
click here

(2017)

2017年4月末に厚木に飛来した600番、おそらく4月29日の展示のためと思われる。PAPPYさん撮影。

2017年5月19日 厚木上空でタッチダウンを繰り返すE-2D、尾翼にはCVW-1の「AB」のレタ-、移動直後のマーキング変更の過渡期は、各機其々違った塗装も見られ面白い。↓

1968年ベトナム戦争真っ盛りの頃創設された部隊で 東海岸で最初のE-2Bの配属を受けた飛行隊である。最初に搭載された空母は、USSサラトガだったので CVW-3(AC)のテールレターからスタートしている。

この部隊のシンボルは、VAW-115もよく使った聖火の松明なので 見た感じVAW-115のイメージと似ていて 新しい部隊の気がしない。スコードロンカラーが 赤黄を基調としているところだけが グリーン基調のVAW-115との違いである。

(2017)

(2017)

(2017)

Wings

(2017)