VF-51
Wings

↑ F-4B(Bu.No.150456) VF-51がF-4Bを受領したのは、1971年でこのB型時代に4機のミグをベトナム戦で撃墜している。このNL-100も、1972年Mig-17を1機翌1973年に1機撃墜しているが、部隊の顔として総戦果4機撃墜マークをインテークベーンに描いていた。

↑ F-4B(Bu.No151398)は、1972年5月10日北ベトナム上空でMig-17を1機撃墜してる。尾翼のチップには、”MAD DOG”の文字とインテークベーンに当時のパイロットであったケネス・キャノン中尉のコードネーム”Ragin Cajin"が書かれている。

1976年にミラマーで撮影されたVF-51のF-4N 渡辺 明さんの撮影である。実は、この私も1980年デービスモンサンでこのNL-100を撮影している。すでに引退して置いてあったものでフィルムのまま焼付け作業もしていなかったが こうして現役でいるうちに撮影したかった。

↑ 1980年3月 デービスモンサンの航空機集積場でVF-51のNM-100が置いてあるのに気付き 1枚証拠写真を残した。A-4スカイホークが並んでいるが、左奥に尾翼を黒に塗り込め CAGの5色のラインを入れたF-4N (Bu.No.152623)が確認できた。

(1943〜1995)
スクリューミング・イーグルス・・・VF-111とのペアを組んでベトナム戦でも活躍した部隊である。マーキングに言及すればVF-51は、F-4〜F-14の時代にペアを組んでいたVF-111が目立ち過ぎて、影の薄い存在になってしまっていた。実は、F-4B時代の1972年胴体に大きな鷲を書き込み、これほど派手なファントムは無いぐらいの大胆なフォルムだったが、シャークマウスと尾翼の旭日旗で強烈なインパクトを持つVF-111にどうしても注目が集まり、負けてしまった可愛そうな存在だったのだ。

 マーキングで地味に見える彼らも 実は1943年設立の由緒ある飛行隊で 太平洋戦争でもF4Fワイルドキャットで活躍している。ベトナム戦6回の参加 内2回はF-4Bのド派手なマーキングで出撃しているが VF-111のF-4Bとペアで北爆している写真は有名である。F-4Nに転換してからは マーキングを一新し 黒塗りの尾翼にお色直しした。1977年にF-4NからF-14Aに機種転換したが マーキングは、当時のF-4N時代のものをそのまま踏襲したものである。

↑ F-4N時代の最後のCAG塗装機 F-4N(Bu.No152326) 。この機体の前はF-4N(Bu,No,152267)にCAG塗装が施されていたが、尾翼のラインの色合いが異なる。

HOME
NEXT
click here