VFA-27
Tail-Marking (1997)
FA-18C/D
Wings
”Royal Maces”との最初の出会いは、厚木基地でのとても悔しい思い出と共に始まった。彼らが、A-7Eコルセア攻撃機を使用していた頃の1976年のある日の事。当時のVA-27は、創設以来15年間もCVW-14の傘下にあって”NK”のレターをつけていた。厚木基地で米軍機を撮影していた我々マニアにとっての身近な部隊、つまり 横須賀を母港にしていた空母ミッドウェイ所属の機体は、すべてテールレターが”NF”である。それ以外のテールレターを見る機会は少なかった。私が軍用機の撮影を始めた1976年頃も CVW-14”NK”テールレターの機体が、稀に日本を訪れることがあったが それは商店街の景品で1等を当てる位の確率だったかも。1976年のある日、その一等賞に当る運がめぐってきた。

 当時、相鉄線相模大塚の駅を降り R/W19の撮影ポジションの”お墓”まで歩いて20分ぐらいだったか・その日も いつも通り駅から徒歩で撮影場所に向かっていた。撮影ポイントの入り口付近で、すでにランウェー01から着陸したA-7Eがこちらに向かってタキシングしてくるのが見えた。ポイントにいるマニアは、一斉にカメラを向けている。私はと言うと”NF”のA-7Eだとばかり思って、のんびり構えていた。おもむろにカバンからカメラを取り出し、目の前を転がるA-7Eに目をやると 尾翼のマークが違う!!”NK”だ〜!!それがUSSエンタープライズから飛来したVA-27のA-7Eコルセアだと気がついた時には、時すでに遅し。猛ダッシュでフィルムを装填したが間に合わず あせる私の前をバイセンマーキングで尾翼を飾ったA-7Eは悠然と通り過ぎていった。 この機体はVA-27の飛行隊長指定機”NK-401”でバイセンカラー(建国200年記念の特別塗装)の上 爆撃マークまで入っており 逃した獲物は実に大きかったのだ!!
 こんな思いがあるので VA-27がA-7EコルセアUを使用していた時代にふんだんに撮りたかったが、それはかなわぬもの。VFA-27が厚木の常駐部隊となって ラダーのギザギザマーキングを身近に見ることが出来るだけでも幸せと言うべきだろう。 
NEXT
click here
HOME
2001年から上記のパターンに変更された。従来より洗練されたマーキングに見えるのは、”VFA-27"から”Royal Maces"に書き換えられた胴体上部の文字が 大きさ長さ共にバランスが取れている為か。
1997年に派手だったマーキングのトーンを落として ブラックテールのみとなった。機首まで黒いラインを入れる方式とどちらが好きかは 個人の好みの問題であるが 私個人としては、軍用機として見た場合 尾翼だけのマーキングに留めた上のパターンが好きである。
1996年6月よりCVW-5の仲間入りしたVFA-27は、ファンの期待を裏切ることなく 派手なCAGマーキングを施した。このときシスタースコードロンとなったVFA-192ゴールデン・ドラゴンズのNF-300も黄黒の同じようなスタイルのマーキングに変更した為 オリジナリティを失ったが VFA-192が次々にパターンを換えるのに対し VFA-27は、一貫してこのパターンを堅持している。1997に一時胴体上面の黒を消したが 1998年に復活。写真は、1998年9月のものである。
2004年当時のVFA-27(FA-18C)すでに FA-18Eへの交換が決まっていた頃であるが マーキングのパターンも機種番号と背中の部隊番号以外は 黒色からグレーにトーンダウンし CAG機以外は撮影意欲をそそらない塗装である。
(2002)
(2002)