VFA-27
Wings
この飛行隊もベトナム戦争時に急遽創設されたA-7の攻撃飛行隊であった。創設時の1967年では、CVW-14は、キティーホーク級空母の2番艦 CV-64コンステレーションに載っていたので VA-27は、A-7Aの尾翼に”NK”のレターを付けてベトナム戦争に出撃している。この後 A-7AからA-7Eに機種交換し CVW-14が最新鋭の原子力空母エンタープライズに移動すると共にエンタープライズとともに西太平洋に数回派遣され 厚木基地にも飛来している。その後 CVW-14は、搭載空母を引退間際のコーラルシーに移動したため この古い空母に載って太平洋方面のデプロイメントをした1979年時に 比較的多い数のA-7Eが嘉手納基地に飛来して マニアを喜ばせた。創設以来15年に及ぶ長い期間 ずっとテールレターは、”NK”だったので 私には、VA-27=NKのイメージが強かった。1990年7月にVFA-27となってFA-18Aを受領しているが、其の時初めてCVW-15に移動して”NL”のレターに変わっている。CVW-15の解散後 CVW-5に移動して なじみのある”NF”に変更した事はご存じのとおりである。厚木に部隊移動で飛来したのは、.1996年6月7日。 
私と”Royal Maces”との出会いを思い返せば、厚木基地での物凄く悔しい思い出が蘇る。彼らが、1970年代後半A-7Eを使用していた頃である。当時VA-27は、CVW-14にしばらく所属し”NK”のレターをつけたが、CVW-14を載せた原子力空母エンタープライズのこれらの機体が、稀に日本を訪れることがあった。私が厚木に撮影に赴いた1976年のとある日が、正にその時だったのだ。駅を降り R/W19の撮影ポジション”お墓”まで歩いてあと少しという所 ランウェー01で着陸したA-7がこちらに向かってタキシングしてくるのが見えた。最初はCVW-5のA-7と思ってのんびりしていたが、尾翼をよく見ると”NF”ではない!!”NF”以外のA-7コルセアだと気がついた時には、時すでに遅し。猛ダッシュをかけ 慌ててフィルムを装填したが間に合わず あせる私の前を尾翼を綺麗なCAG塗装されたA-7は悠然と過ぎ去っていった。 この機体はVA-27の”NK-401”でバイセンカラー(建国200年記念の特別塗装)の上 爆撃マークまで書かれており 逃した獲物は実に大きかったのだ!!
 今、本音を言えばA-7EコルセアUを使用していた時代にふんだんにこの部隊の機体を撮りたかったが、それはかなわぬもの。厚木の常駐部隊となって 身近に見ることが出来るだけでも幸せと言うべきだろう。 
Tail-Marking (1997)
USS エンタープライズから 厚木に飛来したCVW-14のA-7E 2飛行隊、上右写真が、前述したVA-27のNK-401とNK-404である。あまりに悔しかったので ゴルフ場の裏手に回って見に行ったところ NFのA-7に混じって駐機していた。証拠写真として撮ったものであるが、いつも 風向きにかかわらず RW/19側の撮影ポイント「お墓」で撮っていた私は、多くの貴重な機体を逃していた。
(2002)
(2002)
Old Insingnia of VA-27
上の2枚の写真は、いずれも沖縄嘉手納基地に飛来したVA-27のA-7Eであるが、上から1枚目は、USSエンタープライズのWest-Pac時で1977年、下の方は、1979年USS コーラルシーに乗換えて再び飛来した時のものである。チップの部分を除きマーキングに大きな差は無いが ナイトが使うとげの付いた金棒が彼らの象徴である。決闘の際 鉄の玉の重量を生かして 相手の鎧を貫通させダメージを与える武器で 古代の戦から使われていたものである。
FA-18C/D
1996年6月よりCVW-5の仲間入りしたVFA-27は、ファンの期待を裏切ることなく 派手なCAGマーキングを施した。このときシスタースコードロンとなったVFA-192ゴールデン・ドラゴンズのNF-300も黄黒の同じようなスタイルのマーキングに変更した為 オリジナリティを失ったが VFA-192が次々にパターンを換えるのに対し VFA-27は、一貫してこのパターンを堅持している。1997に一時胴体上面の黒を消したが 1998年に復活。写真は、1998年9月のものである。
2001年から上記のパターンに変更された。従来より洗練されたマーキングに見えるのは、”VFA-27"から”Royal Maces"に書き換えられた胴体上部の文字が 大きさ長さ共にバランスが取れている為か。
click here
NEXT
1997年に一度トーンを落として ブラックテールのみとなった。機種まで黒いラインを入れる方式とどちらが好きかは 個人の好みの問題であるが 私個人としては、軍用機として見た場合 機首までラインを伸ばさない上のパターンが好きである。
2004年当時のVFA-27(FA-18C)すでに FA-18Eへの交換が決まっていた頃であるが マーキングのパターンも機種番号と背中の部隊番号以外は グレートーンとなり CAG機以外は撮影にも.気が進まない塗装である。
HOME