VFA-27
Wings
私と”Royal Maces”との出会いを思い返せば、厚木基地でのとても悔しい思い出が蘇る。彼らが、1970年代後半A-7Eを使用していた頃である。当時VA-27は、創設以来15年間もCVW-14の傘下にいてずっと”NK”のレターをつけたが、CVW-14”NK”テールレターの機体が、稀に日本を訪れることがあった。私が厚木に撮影に赴いた1976年のあの日が、正にその時だったのだ。
 電車の駅を降り R/W19の撮影ポジションの”お墓”まで歩いて20分ぐらいか・・撮影ポイントまであと少しという所でランウェー01から着陸したA-7がこちらに向かってタキシングしてくるのが見えた。その時に慌てていればよかったのだが、相手は地元CVW-5のA-7Eだとばかり思って、のんびり構えていた私、目の前を転がるA-7Eの尾翼をよく見ると”NF”ではない”NK”だ〜!!”NF”以外のA-7コルセアだと気がついた時には、時すでに遅し。猛ダッシュをかけて走り 慌ててフィルムを装填したが間に合わず あせる私の前に尾翼を綺麗なバイセンマーキングで飾ったA-7Eは悠然と通り過ぎていった。 この機体はVA-27の”NK-401”でバイセンカラー(建国200年記念の特別塗装)の上 爆撃マークまで書かれており 逃した獲物は実に大きかったのだ!!
 今、本音を言えばA-7EコルセアUを使用していた時代にふんだんにVA-27の機体を撮りたかったが、それはかなわぬもの。FA-18が厚木の常駐部隊となって 身近に見ることが出来るだけでも幸せと言うべきだろう。 
(2002)
(2002)
Tail-Marking (1997)
FA-18C/D
1996年6月よりCVW-5の仲間入りしたVFA-27は、ファンの期待を裏切ることなく 派手なCAGマーキングを施した。このときシスタースコードロンとなったVFA-192ゴールデン・ドラゴンズのNF-300も黄黒の同じようなスタイルのマーキングに変更した為 オリジナリティを失ったが VFA-192が次々にパターンを換えるのに対し VFA-27は、一貫してこのパターンを堅持している。1997に一時胴体上面の黒を消したが 1998年に復活。写真は、1998年9月のものである。
2001年から上記のパターンに変更された。従来より洗練されたマーキングに見えるのは、”VFA-27"から”Royal Maces"に書き換えられた胴体上部の文字が 大きさ長さ共にバランスが取れている為か。
click here
NEXT
1997年に一度トーンを落として ブラックテールのみとなった。機種まで黒いラインを入れる方式とどちらが好きかは 個人の好みの問題であるが 私個人としては、軍用機として見た場合 機首までラインを伸ばさない上のパターンが好きである。
2004年当時のVFA-27(FA-18C)すでに FA-18Eへの交換が決まっていた頃であるが マーキングのパターンも機種番号と背中の部隊番号以外は グレートーンとなり CAG機以外は撮影にも.気が進まない塗装である。
HOME