VMFA-312
VMFA-312は、その名前のごとく尾翼を白黒のチェッカーで飾っていたが、特にF-4B/N時代はチェックのストレーキが尾翼前縁まで伸びており上下のトリムラインはイエローとレッドで飾った。このトリムラインはFA-18になって再び蘇っている。
Marking of 1971'CheckerBoards
VMFA-312は、チェッカーボードという部隊名である。まるで標的曳航を専門に請け負う飛行隊のようなネームとマーキングの部隊だ。VMFA-312は、1966年にビューフォートで設立され F-8クルセダー時代も時折日本に飛来もしたそうだが 1979年の夏にF-4Jを装備してから初めての岩国駐留を半年おこなった。それまでは雑誌の中でしか見る事のできなかった部隊だったので、嘉手納に初飛来した時の興奮は今でも忘れない。下に嘉手納基地のR/W23Rにフォーメーションでタッチダウンしている写真を掲載したが、それが嘉手納初飛来の時のものだ。

以前VMFA-312は、チェッカーボードの部隊名の通り 白黒のチェックを大きく尾翼に描いていたものの 来日時は、すでに主流になり始めたロービジ塗装を採用 グレーの機体に細かい黒のチェックを入れての登場であった。以前のような派手さには欠くが、嘉手納を訪れていたマニア諸氏は一様に感激してシャッターを切ったものである。その後 S型ファントムになってからも岩国に駐留しているが、チェックはグレーの濃淡と益々醜くなっていた。VMFA-312は 1987年にFA-18Aホーネットに更新し 再び岩国を訪れるが、長い間忘れ去られていた赤と黄のトリムラインが再び復活しているのには驚いたのものである。(2002/6 記)
Wings
(1990)
(1990)
(1990)
(1990)
(2006)
1976年前後と思われるがJ型を使用していた頃で最も派手だったVMFA-312のマーキング、尾翼はそれまでのトリムラインの赤/黄で大胆に塗りわけし 胴体にもチェッカーラインが入った。チェックの大きいタイプと細かく書かれたタイプもあったようだ。
Marking of 1975'CheckerBoards
HOME
NEXT
click here
1979年にF-4Jとなって日本に初飛来した際のVMFA-312のマーキング。グレーのロービジがこの部隊にも影を落とし チェックはグレーの地に黒で書き込まれた。チェック模様は細かくなり 以前のような大胆さは感じられない。
Marking of 1979'CheckerBoards
Insignia of VMFA-312
F-4J/S