VR-30
Wings
VR-30は、VRC-30の前身となった部隊であるが 存在した期間が短く 今となっては資料も少ないため インシグニア1つ作成するにも資料を探すのに苦労するほどである。海軍の空輸部隊は、太平洋戦争開始直後(真珠湾攻撃の5日後)から設立された組織で ノフォーク海軍基地のVR-1を手始めに VR-2 VR-3の3つの空輸部隊を民間航空会社のベテランパイロットを引き抜いて速成したのが始まりだった。この後 対戦中を通じ この空輸を担当するVR部隊の役割は 次第に重要性が強まり次々に部隊が増設された。大戦後も東西緊張の高まりから 輸送部隊の拡大は続き 一時は MATSという組織で 3軍の輸送を一本化する動きもあったようだが 結局海軍は独自の航空輸送部隊を運用する方向で拡大が進む。これは 当然と言えば当然のことであるが 海軍の戦線拡大に伴い 補給手段も急ぎの場合は出来るだけ航空機を使いたい。しかし 元々うまの合わない陸軍 そこから派生した空軍に頼るよりは 海軍直轄で航空輸送を行いたいと思うのは 官僚組織はどの国でも縦割りで融通が利かないからである。
 資料によると VR-30は、1966年の10月創設となっている。朝鮮戦争終了後までに いくつかのVR部隊は閉鎖されたが すでに30近い空輸部隊が存在したわけである。
私が 厚木に通い始めた1976年に C-9Bで飛来する唯一の部隊が ”RW"のレターを付けたVR-30であった。VR-30は、1973年に最初のC-9Bを受領しており おそらくVR部隊としては最初である。
 この部隊 C-130、C-9、CT-39など複数の機体を運用していたが 1977年にはC-9Bを専門で運用するVRが次々と立ち上がって ”RW"のC-9Bを見ることはなくなった。

当初 VR-30が持っていたC-9Bは6機。159113、159114,159115,159116、159116、160050,160051。
厚木のOHで公開されたVR-30のC-9B(159116)であるが、C-9BがOHで公開されることは少なく 私は1度しか見ていない。この時公開された機体は 以前機首につけていた大きなインシグニアを消しており 部隊再編の前兆だったのかもしれない。この後 ”RW"のC-9Bは姿を消し 1976年から稼動を始めたVR-55”RU"に役割と機体の一部をバトンタッチしている。 
空軍の輸送システムが整備されている中 海軍が C-118Bの更新としてC-9Bのような大型のジェット輸送機を独自で運用するには 議会の承認を得て機体予算の確保をせねばならないが 空軍の必要な反対と議会の説得に 相当苦労したようである。
 最初の12機のC-9Bは、VR-1とこのVR-30に配備され 乗員の訓練と輸送システムの運用研究が行われた。
HOME