H&MS-36
H&MSと言うのは、Headquaters & Maintenance Squadronの略だったのです・・・永いこと関心もなく調べもしなかったのだが、私が写真を始めたころは”WB”のレターを付けたVMO-2のOV-10Aが居なくなり始めた時期で、その代わりその余剰機体を譲りうけた岩国に司令部を置く海兵隊第1航空団MAW-1の傘下に普天間配備のH&MS-36のOV-10Aの活動が開始された。彼らの”WX”のテールレターを付けたOV-10Aが日本各地で見られ始めた頃であった。

 この部隊 司令部所属であり 輸送から偵察 補給 前線支援など何でもこなす「便利屋」的役割を負っていた。H&MS-36は、1952年にカルフォルニア州サン・タナで生まれた部隊であるが 所有していた機種は多彩で 多いときには、CH-53,CH-46,UH-1,AH-1,C-130まで6種類の航空機を運用していた。1965年に空母プリンストンに載って南ベトナムのチュ・ライに移動し 約4年間ベトナム戦を経験 その後沖縄に駐留を始めた。1988年10月に 物流任務を主体で行うMALS-36に再編成されている。
彼らH&MS-36は、1969年から4年間に渡りベトナム戦に投入された。その間、飛行運用、人員提供、メンテナンスなどの面で第3海兵師団を支援しながら、MAG-36に反属されていた各種航空機の後方支援を行ったとある。ベトナム戦時、彼らには所有する機体は存在しない。最後は、1975年4月のサイゴン陥落に伴う撤退作戦”Operation Eagle Pull"の支援をしてベトナムを後にしている。

WX-14 Bu.No155415 ,WX-16 Bu.No.155407

OV-10A .WX-11,Bu.No.155430

OV-10A .WX-13,Bu.No.155424

OV-10A .WX-13,Bu.No.155429
NEXT
click here

白い

Wings
1977年8月初めて沖縄嘉手納基地を訪れた我々を迎えてくれたOV-10A、厚木でもそれほど撮れる機会が無い機体だったので、2機が目の前に現れた時は相当興奮して撮影していたい奥があるが、腕も機材も良くなくすっきりした写真となっていない。彼らは、アーミングといって嘉手納の比較的安全なエリアで実弾を装着して訓練に行くため、ここに来たのだった。
HOME