VMM-265
2012年10月2日 12:00
2014年8月中旬に厚木に飛来したMV-22B”EP-01”
(2012)
(2012)
(2012)
(2012)
(2012)
さて 翌日3機のMV-22Bが第2陣で来るとの事、嘉手納の古い先輩マニアが普天間に一緒に行こうと声をかけてくれた。岩国を離陸した情報が入ったので 時間を合わせ11時には、降りのポイントで構えることに。 沖縄への写真行には当初MV-22は、目的に入っていなかった。そんな輩にも神はチャンスを与えてくれるのか・・・しかも 尾翼の赤い隊長機は、第2陣に含まれている。これはラッキーと喜び勇んで 嘉手納の離陸しようとしている”HH”のKC-135を蹴ってまで 普天間に赴いたのであった。
実戦化に至るまで死亡事故が目立ったので、普天間問題と絡めてすっかり政治問題化に巻き込まれたMV-22B。岩国から最後の1陣が譜面間に飛び立つまで実況放送が入るなんて写真マニアもあっと驚きの報道白熱ぶりである。2012年10月1日本来、出向先の某国から沖縄直行するはずだった飛行機が某国政府の妨害?(乗客が 尖閣問題で激減の為)によりドタキャンされ、成田経由の強行スケジュールとなった。自宅から羽田に向かうその朝、テレビが盛んに岩国基地のオスプレーのフライトを実況していたため いつ移動するのか全く知らなかった私も「上手くすれば沖縄で撮れるかも・・・」なんて 虫の良い考えが頭に浮かんだのである。

 しかし、元々MV-22がいつ移動するかも調べていない者に神は恵みなど与えない!案の定 沖縄到着時第1陣は飛来しており、翌日 隊長機も含め第2陣の恩恵に与かろうと、また性懲りもなくチャンス性を狙った。
Wings
彼らが降りるのは、岩国離陸後3時間ちょっと、すごいスピードである。11:30〜正午あたりが到着となるはずで 空を見上げて待っていたが 空に見えるのは取材のヘリと誰かが上げた凧だけ・・・先輩のラジオにタワーが入ったが 「見えない・・」
 其の内 背中の方角に音がして 尾翼の赤い隊長機はすでに建物の陰に降りてしまった・・・「ひゃ〜 やっぱりこんなものか。運が無いね」自分の運のなさに嘆きつつ 残りの2機は、証拠写真程度の押さえることができた。しかし 静かなプロペラ音である。
沖縄行から20日間 某国での仕事は忙しい中 我ながら真面目にこなしてきた、(こうでもしないと運が巡って来ないのよ・・)10月20日のオーサンOH、基地のゲートまでの道からMV-22Bの姿が見えた、何と普天間で逃したEP-00隊長さんである。展示機に含まれていることは予告にも無かったので 嬉しいサプライズである。
2014年以降 日本国内多くの航空祭でMV-22Bの展示を行うようになり 演習への参加も増え 一般の人が見ることができるようになった。こうして 人為的に作られたオスプレーへの抵抗感を徐々に和らげる必要性もある。皆 見たことが無いもには噂だけを信じる傾向にある。実際に目にすると「意外と騒音も少ないね」などと親しみも湧いてくるからである。2014年9月6日の横田公開にも2機のMV-22Bが展示され この年横田航空祭の目玉となった。
HOME