VAQ-209

尾翼のマーキングもこうしてみると その変遷が分かって興味深い。

スタ-ウォーズのダースベーダー卿の顔を尾翼に大書きしたデザインに更新され,再び日本を訪れたVAQ-209。なんと2018年4月,厚木の公開にも展示されたのでこの日一番の目玉展示となった。但し 部隊としてこのデザインは、EA-6Bプラウラー時代に使ったものであり,人気があったので再度カムバックさせたのだろう。展示機の周辺は、映画スターウォーズのテーマ曲が流れ 若いご婦人も尾翼のマークの正体が悪しきベーダ―卿と判るのにそう時間はかからなかったようだ。
 日本では、映画やアニメの中の敵役がマーキングに使われることなどほとんどないが、善悪がよりはっきりしているアメリカ映画の悪玉が部隊名に使われることなど本来はもっとありえないことである。しかし このベーダ―卿は、主人公ルークの親父でもあり、最後は、正しい心を取り息子を助けた事で善玉に返り咲いている・・・しかもニヒルで格好もよいので非常に人気が高いのだ.。
↑ 朝一番のオープニングフライトで飛行したVAQ-209のEA-18G/AF-501 Bu.No.166899 観客へのサービスでタキシング中に翼をたたんで帰投して行った。
↑ 2022年6月10日 岩国基地を離陸するVAQ-209のEA-18G AF-503と、↓AF-502 R/W02での所謂”岩国上り” 
(2022)
先代のAF-500お比較すると、デザインが踏襲され基本的には大きな違いはない。但し”ベーダ―卿”の仕上げ方が、先代はグラディエーションを駆使したリアルなタッチで仕上げていたのに対し、今回のはマスキングして白色を吹き付けただけの簡易型である。機首上面まで伸びるモヒカン塗装も新しい感じはするが、評価は分かれる所である。欲を言えば”AF”のA文字は中を黒く抜いてほしかった。
↑ 2022年9月11日三沢基地に展示されたVAQ-209のEA-18G/Bu.No.166896。春まで三沢にいた前任のVAQ-138のブラックテール機をそのまま塗り替えた機体であるが、2018年に厚木で展示された機体とビューアルナンバーが一つ違いと言うのも面白い。
Apr,2018
(2018)
(2018)
(2018)
(2018)
HOME
Wings