VK-05 Bu.No.169683
↑ 2022年7月12日14:40頃 R/W02で岩国基地に着陸したVMFA-121のF-35B 2機
↑ 2022年7月12日R/W02で岩国基地を離陸するVMFA-121のF-35B。既にビーストモードの訓練も始めているようだ。左翼の外装パイロンにはダミーのAIM-9Xを付けている。
HOME
VK-04 Bu.No.169682
DT-08 Bu.No.Unkown
VMFA-121
↑ 所変わって、2022年7月岩国で見かけたVMFA-121のF-35B。USSトリポリと艦名が入っている。

2017年7月6日 朝、ランウェイR/W23・・・当然 沖縄梅雨明け後の南風。私は、県道沿いの公園でF-16Cの着陸を待っていた。先輩が、「今 岩国をF-35Bが離陸し、こちらに向かっている」との情報をくれた。後1時間ほどで到着するはず。7月6日10:35 2機のF-35Bは降りたが、R/W23-left で降りを待っていた私は、light降りするF-35Bに対応しきれず撮れないで見逃した。その日の午後この2機は離陸の為ランウェイをクロスしてこちらに向かってくるので、道の駅前をタキシーするのかと期待したが、そのままランウェイに入り離陸して行った。しかし最後にローカルフライトをやってくれたお陰で漸く道の駅でランディングを撮ることができた。

Page-3

2017年1月9日 ユマを出発したF-35Bの一群は、寒いアラスカを経由し最初の2機が1月19日までに岩国に入った。F-35Bは不格好な機体ではあるが、ゲームチェンジャーとして新たな1時代を築く存在であろう。私が仕事で駐在する某国でも、F-35B岩国移駐の件はトップニュースで伝えられ注目がされている。
 さて ハリアーやF-18DがなくなってF-35Bに変わる・・・私にとってはあまり歓迎できない事柄である。何せ こんな雀のようなメタボ戦闘機がこれからの主力になると思うと軍用機マニアとしては淋しい。しかし、これからの航空機は見かけではないという事を最近証明し始めたのがこのF-35であろう。当面撮れないだろうと思っていた機体だったが、偶然2017年7月に行った嘉手納で撮影できたので早速新ページで展開したい。(2017年7月9日記)